ママカレッジおおさか

段階的に“働く(稼ぎと勤め)”を考え、次のステージを目指す人材育成プログラム
ママGoGo、吹田市で開催。

  • 大阪

【レポート】「自分の尊敬している、大好きな人の話を聴く 」by ママGOGO

2014年8月29日

転勤族④-2ママGOGO

 

吹田市の保育付きレッスンスペース「ママGOGO」と、日本財団のコラボ企画「転

勤族を楽しむためのコミュニケーション講座」、6回連続講座の4回目が8月26日

に行われました。講師は、企業内コーチングや個人カウンセリングでご活躍中の、

坂本田鶴子先生。

 

リピーターママたちも多い人気講座で、今回のテーマは「聴くことの大切さ」。

話の聴き方というのは、学校でも教わりませんが、実はとても重要なこと。

その重要性を実感するために、今回は多くのワークが盛り込まれました。

 

まずは、話す役と聴く役で2人組になり、聴く役が携帯のメールに夢中な設定と、

話をさえぎらず目を見て受け止める設定を体験し、話す役の感じ方がどう違うか

を共有します。

 

前者では「自分は不要な人間なんだ」といった自己肯定感が低い意見のオンパレード。

相手に悪口を言われたわけでもないのに、とても悲しい気持ちになることに

皆さんビックリ! 言葉を発するという作業は、心で感じたものを発して投げることなので、

受け取ってもらえないと自分の心をゴミ箱に捨てられた気分になるそうです。

 

それを避けるための「聴き方」のコツは、

「自分の尊敬している、大好きな、憧れの人の話を聴く」と言う場面を想像すること。

これを意識するだけで「とびきりの笑顔で」「興味のあるオーラを出しながら」など、

様々なプラスの意見が飛び出しました。「聴き方」と言うと難しく考えがちだけど、

相手を大切な存在として扱うだけで、自然とその姿勢が聴き方に出るのだそう。

孤独な子育てに陥りがちな転勤族ママだからこそ、自分の周りにいる家族や友人を

より大切にして、聴く力を高めていくといいかも。そう気づかされたひとときでした!

 

転勤族④-1ママGOGO

OTHER ACTION

PAGE TOP