ママカレッジおおさか

段階的に“働く(稼ぎと勤め)”を考え、次のステージを目指す人材育成プログラム
ママGoGo、吹田市で開催。

  • 大阪

吹田で「親子コミュニケーション講座」開催しました!

2015年1月16日

吹田市の保育付きレッスンスペース「ママGOGO」と、日本財団のコラボ企画「親子コミュニケーションデザイン講座」が、12月15日に行われました。
講師は、劇作家、演出家など幅広い経歴を持つ、大阪大学コミュニケーションデザイン・センターの特任講師蓮行(れんぎょう)先生と、同センターの紙本先生。
お2人は、演劇を通じた円滑なコミュニケーション法を研究しているスペシャリスト。
言葉や台詞を使って皆で作品を仕上げる演劇は、実はコミュニケーションスキルを高めるのにぴったりなツール。
親子間はもちろん、夫婦間やママ友同士でも、応用できたら素敵ですよね。
最初は2人ずつペアになって自己紹介をし合った後、ペアの相手になり切って皆の前で自己紹介をするという「他己紹介」に挑戦!。
伝え合っていない架空の情報をアドリブで入れるなど、枠にとらわれない手法に一同びっくりです。
その後再びペアで、相手が何を言っても「いいですね!」と受け止め「それなら~」と話を広げるのを繰り返す「いいですねゲーム」をスタート。
始まりは「今日のランチは○○を食べます」で統一し、架空の話を交えながら、ランチネタからできるだけ飛躍すればOKというルールでした。
最終的には「一緒にアメリカ旅行をする」なんてオチになったペアも!
このワークからは「おかしなことを言っても正解・不正解はなく、責められもしない」という環境なら、自由にコミュニケーションを楽しめることを実感。
上手くいかない人間関係は相手のせいや自分のせいと思いがちですが、環境を変えれば円滑になる例もあるそうです。
肩の力を抜いて、ママならではの人間関係をもっと楽しんでみたいと思えるひとときでした。
連続講座なので、次回はどんなワークが飛び出すか楽しみですね。

OTHER ACTION

PAGE TOP