「ママインターンシップ」で復職支援

「フルタイムか、育児か」の二者択一ではなく、ママの思いやライフスタイルに合わせた色々な働き方を応援。一定期間、企業などの中で、就業体験をし、働くことへの自信を取り戻し、再就職までのステップを具体化していくことで、ママたちの就職を支援します。

  • 東京

「“ママの困った”を解決するアクション・はじめの一歩」⑥ 実施レポート1 (インターン参加ママ)

2014年3月6日

実施レポート(インターン参加ママ)
<参加者の内訳> 回答数(=参加者数):11

1. 参加者年齢
参加者年齢表参加者年齢

2. 末子の年齢
末子の年齢表末子年齢

3. 参加者の就業状況
参加者の就業状況表就業状況

<参加者の声>
1. 4月からの働き方は?

4月からの働き方

2. 3年後の働き方は?ご想像で構いません。お答えください。
3年後の働き方

3. 3年後、末のお子さんの年齢は?(出産計画がある方は、1歳、2歳等とご記入ください)
3年後の末子年齢

4. ママインターンに参加してみて
ママインターン感想
「とてもよかった/よかった」とお答えの方 どんなところがよかったですか?
(フリー記述)

 今まで経験したことのない分野でしたが、楽しく取り組めて、新たな自分の可能性を発見したと実感したから。
 息子と離れ、「社会」という空気を久しぶりに感じ、襟元を正す時間が持てた事が、自分のリフレッシュにも繋がったと思います。
 子供同伴でも良いという事が、重い腰を上げる事が出来たキッカケになりました。
 育休中に使わない頭を久々に使った気がします。
 子育てしながら働く女性の輝いている姿を間近でみられて自分も頑張ろうと思えました。
 復職にあたって就職活動をする際、職務経歴書に、ブランクの間に妊娠出産子育て以外にしていたこととして、ママインターンで社会復帰に向けて活動していたと書けるのではないかなと思いました。自己PRになる活動だと思います。
 よくある座談会で終わらせず、ママ達にも課題が出された上で、社員の方々がママ達のアウトプットをどう活かしていくのかを明示して下さったこと。(「ママ⇒商品開発者」「ママ⇔商品開発者」という構図が良かった)

 

5. 運営の体制について
運営の体制について
「とてもよかった/よかった」とお答えの方 どんなところがよかったですか?
(フリー記述)

 連絡方法、拘束日数、時間共に良かった。自宅にて大半の作業を進める事ができるのは、ストレスがなかったから。
 とても気を使っていただいたと思います。雰囲気が温かく仕事を辞めて数年たって緊張していたのですが、楽しく参加できました。
 新しい事を始めるという上での皆様の熱意を感じ、こちらも誠実に応えたいと思いました。
 初回に、次回以降の曜日を決めるときにもめそうだったのを上手にまとめてくださったのが印象的でした。
 まずは参加者皆が出席出来るように、時間を変更していただけたフレキシブルさに驚きました
 子連れで参加してもよいところ。
 関係社員の皆さんが随時インターンを訪れ、それぞれの立場から意見を下さったこと。

「どちらでもない」とお答えの方 どんなところにストレスを感じましたか?
(フリー記述)

 メーリングリストの活用ができず惜しかったなぁと思いました。せっかくなら顔を合わすとき以外でもやりとりがもっと闊達にできるような工夫ができたかと思います。

 

6. ママインターンをおこなったことでご自身にどのような変化がありましたか?
(フリー記述)

 社会復帰する第一歩を踏み出そうと決心がつきました。また、今まで経験したことのない分野の職種を短期間でしたが、経験できたことも仕事探しの職種分野が一つ増えるきっかけとなり、新しい分野へ挑戦する勇気がつきました。
 完全に仕事復帰する前に少し肩慣らしができたと思っています。通勤時間の電車や職場の雰囲気などいきなり仕事復帰とならず心の準備ができました。またそれば子供についても同様で、体調管理や一時保育に定期的に預けられることなど、子供にとってもいい練習?になったと思います。
 社会に出る事への不安が減り、積極的に動く事ができ、バイトですが採用して貰える事が決まりました。
 今現在の生活スタイルでは近所でパートタイムでのお仕事以外は難しいのでは、と思っていましたが、ママインターンのことを知って、これまでの会社勤めの経験を活かした仕事がしたい、その方が楽しそうと思い始めました。
 長年社会人生活を送ってお給料を頂いていると忘れがちだったが、久しぶりに報酬を頂くことの重みを、良い意味で思い出せた気がします。

 

7. ママインターンというこのプロジェクトにキャッチコピーをつけるとしたらどのようなものが考えられますか?(フリー記述)

 ☆mama’s action!私らしく第一歩
 育児の経験を仕事に活かす
 オムツの話はもう飽きた!そんなあなたはママインターン
 フレキシブルママワーカー

 社会復帰の第一歩 ママインターン

 

8. ママインターンで改善すべきところはありますか?

・ 連絡方法/手段
メーリングは大人数だとすぐに埋もれてしまったり、障害等で届かないことがあります。また深夜の送信がはばかられるのでできたらFBのグループページで管理していただけたら・・・と思いました。

・ 会議の回数/開催時間
日程は募集段階で決まっていると嬉しかったかもしれません。

・ その他(フリー記述)
幼稚園や保育園などママが集まる場所にママインターンのチラシを置いてみると良いのでは?きっと参加したい人は多いと思います。
子どもを寝かせられるスペース(パズルみたいなマットを利用するなど)があると嬉しいです。
商品開発に纏わる機密保持などを結ばなくて良かったのか少し心配になりました。
インターンの最終回に、次回以降のママインターンの告知チラシを配ったり、参加者の友人をリレー形式で紹介していくような仕組みを作れたら良いのではと思いました。

 

↓レポートDLはこちらから↓
実施レポート

 

レポート⑦へ

http://mamapro.jp/news.php/maminternship/1914

レポート⑧へ

http://mamapro.jp/news.php/maminternship/1917

 

OTHER ACTION

PAGE TOP